« 紫陽花 | Main | 金メダルを超えて輝く »

July 15, 2008

死んだも同然の瞬間の集合

万物は流転する。全てのものは変化している。

目の前を絶え間なく通り過ぎて行く現在が、かつて未来と呼び、たった今過去になって行く。

私には、時間が、静止写真のように、その時、その時に完結した瞬間の集合のようにも見える。

即ち、生と死が同一化した瞬間。生まれたばかりの瞬間が、もう二度と帰らない過去になっている。

死んだも同然の瞬間の集合が、重ねて、パラパラとめくれば、アニメーションのように人生になって現れる。

人生は、神秘的な勘違いで出来ている、宝もののようなアニメーション作品のようにも思える。

|

« 紫陽花 | Main | 金メダルを超えて輝く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 紫陽花 | Main | 金メダルを超えて輝く »