« 人生、全て誤差の範囲? | Main | せめて質素に »

July 03, 2008

利他的遺伝子

地球上の人口の1万倍の数、60兆の生物(細胞)の集合体である人間。遺伝子のプログラム通りに生まれ、死に逝く。

このおびただしい数の細胞(生物)がひしめきあっている人体で、戦争もなく、よく調和して生きていけるものだと、遺伝子の村上和雄先生は云う。利己的な遺伝子ばかりだったら、決して出来ることではない。

「他の臓器を助けなさい」と働いている遺伝子が、利他的遺伝子が、身体の中には、必ず存在しているはずだ。他への思いやりの生物的根源が、遺伝子の言葉で語られる日が、いずれ来るはずだと、村上先生は信じている。

利他的遺伝子か・・・・・・、村上先生と一緒に、探してみたい気持ちになる。人生の宝探し。

|

« 人生、全て誤差の範囲? | Main | せめて質素に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生、全て誤差の範囲? | Main | せめて質素に »