« 最先端医療より田舎の勝ち | Main | 永遠性・無限性を表す境地 »

July 25, 2008

自分、吾とは

自分と云う概念は、つきつめると面白い。

それは、憶測から発した、過去に体験した「印象・気分の集合体」とも云う。

それは、好いものでも、悪いものでもない。ただ、必要でないもの。

それは、執着、むさぼりを生む。

「自分を強調することは、執着・むさぼりの温床」と思うと、自分と距離を置くことの、大切さがわかる。

「身体を持つことは不便。"吾"を持つことも不便。」、この境地の穏かさは凄い。

|

« 最先端医療より田舎の勝ち | Main | 永遠性・無限性を表す境地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最先端医療より田舎の勝ち | Main | 永遠性・無限性を表す境地 »