« せめて質素に | Main | ぜんまいの命 »

July 05, 2008

恐竜時代の再現

蟻から見れば、人間はどんなに見えているのだろうかと想像してみた。蟻の5ミリくらいの背丈から見れば、160センチの人間でも、320倍の背丈。

人間を160センチとして320倍すると、488メートル。約500メートルか。東京タワー(330メーオル)より大きな恐竜なんだ人間は、と思った。

空には、カラスが舞い、それは翼竜か。巨大な玉子も見かけるが、そばには、ニワトリ怪獣がいる。海には、巨大なサメ怪獣もいる。

人間と云う恐竜の足に踏まれたら、即死。人間の棲息地付近にいる蟻は、命がけの日常。すごい、恐竜時代を再発見。

その後、朝、近所の洗濯屋さんへ行く途中、道で、杖をついてよろよろと歩く80才代のお爺さんと、さっそうとバイクに乗ったおばさんに出遭った。これも恐竜の姿かと思うと、可笑しさが込み上げた。

|

« せめて質素に | Main | ぜんまいの命 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« せめて質素に | Main | ぜんまいの命 »