« ぜんまいの命 | Main | 人生の映像ライブラリー検索 »

July 07, 2008

遺伝子、村上和雄先生の世界

遺伝子のワンセットをゲノムと云うらしい。父と母から1ゲノムづつ貰って人間が出来る。

ゲノムには、32億の科学文字が入っていると云う。

人間の60兆の細胞のひとつひとつに、2000億分の1グラムと云う小さなミクロの世界に、1000ページの百科辞典が3200冊入っているようなものだと云う。

このような情報は、太陽や空気、地球が書いたのだろうか? 誰が書いたのだろうか?

これが、村上和雄先生の「Something Great」 の世界。

目に見えない、何か崇高なものがある。

|

« ぜんまいの命 | Main | 人生の映像ライブラリー検索 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ぜんまいの命 | Main | 人生の映像ライブラリー検索 »