« 永遠性・無限性を表す境地 | Main | 町内会作業、そして旭ジャズ祭り »

July 27, 2008

保護色人生、穏かな大冒険

動物や昆虫の保護色は、動物・昆虫を目立たないようにして、身を守っている。周りに溶け込んで、居るのか居ないのかわからなくなる。

これが、何だか坐禅で目指す、宇宙との一体感に通じるのではないかと、私の仮説を立ててみた。

「私はここにいます」と云うアピールは、弱い赤ん坊が母親にアピールする時などには好いが、危険を伴うことも多い。それだけ、鷲や鷹に狙われたり、人間に踏み付けられたり、可愛いとストーカーされたり、捕まえられて、ペットにされたりする。

社会でも、目立つことを目指している人達も、自ら危険を増しているのでないかと思う。名誉、出世、有名、金持ち、セレブ、奇抜な服装・行動など、これらは、「私はここにいます」のメッセージ。

人は、何の為にそうしたがるのかと考えてみると、集団の中での存在感の無さに、寂しさを感じたりして、耐えられなくなり、「私は、ここにいます」と云いたくなるのではないかと思う。

でも、それは、自然界のルールでは、最も無防備に、危険な状態に陥るのではないだろうか。自然界に保護色で溶け込み、漂う、それが、人生の穏かな大冒険には、一番好い状態ではだろうか。

|

« 永遠性・無限性を表す境地 | Main | 町内会作業、そして旭ジャズ祭り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 永遠性・無限性を表す境地 | Main | 町内会作業、そして旭ジャズ祭り »