« 「完敗で、幸せ」の境地 | Main | 利他的遺伝子 »

July 02, 2008

人生、全て誤差の範囲?

地球上の全ての生物は、大腸菌だろうが人間だろうが、全く同じ遺伝子暗号を使っているとのこと。

何たることか、地球上のあらゆる生物は、微生物、動物、人間を含め、DNAで繋がっている。遺伝子の村上和雄先生の講演で聴いた。

科学は素晴らしいが、科学の力で、部品を集めても、一つの細胞でさえも造ることはできない。今人間として生を受けていることだけでも、余りにも幸運で、また莫大な高価な身体をもっていることに気づく。今、人間として生きているだけで、金持ちだろうがなかろうが、偉かろうが偉くなかろうが、どちらでも好い誤差の範囲。

人間の生命は地球38億年の歳月の中で、微生物のような時代から、一度も途切れず今日まで生き延びて来ている。

人間としての100年か20年か、50年かは、どうでも好い誤差の範囲。38億年プラス何年と云うのが、自分の命の真相。

人生、全てのことは、誤差の範囲。目くじら立てることは何も無い。

|

« 「完敗で、幸せ」の境地 | Main | 利他的遺伝子 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「完敗で、幸せ」の境地 | Main | 利他的遺伝子 »