« 軽蔑される社長達 | Main | 薬師寺を詠む »

June 29, 2008

身体と心が邪魔になる境地

坐禅をして、身体と心を通じ、宇宙の存在を感じる。

そして、修行した名僧達は、身体を持つことが、不便だと感じる境地にも達すると云う。

「身体と心が邪魔に感じられる」瞬間、吾から解き放たれ、宇宙と一体化するのだろう。

その境地を、少しでも、味わえれば、私は堂々たる人生と憧れる。

|

« 軽蔑される社長達 | Main | 薬師寺を詠む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 軽蔑される社長達 | Main | 薬師寺を詠む »