« サウジの消費国への呼びかけ | Main | 「伝えること」って、どんなこと »

June 11, 2008

名僧に囲まれて

昨日終業後、新宿で、横山紘一先生の哲学カフェに出席した。先生の「十牛図入門」(幻冬舎)に感動したこともあり、久しぶりに顔を出した。

共に禅の修行をしている人が、私の坐禅の師、山口博永禅師は、「日本の中で5本の指に入る名僧の一人」と呼んでおられることを最近知って、嬉しかった。

そして、この横山紘一先生(立教大学、唯識論)も、昨日の会話の中で、横山先生も、名僧だと思った。

横山先生は、昨日、「私の妻」・「私の夫」と云うのを、「妻の夫」・「夫の妻」と置きかえる境地を教えてくれた。「私の娘」でなく、「娘の父」の境地。

他があって、しかる後に自分がある。自分を離れることができる程、争い、疎外感はなくなると。

そして、「水があって、魚がある」、「魚は、水の影」である境地に通じている。

|

« サウジの消費国への呼びかけ | Main | 「伝えること」って、どんなこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« サウジの消費国への呼びかけ | Main | 「伝えること」って、どんなこと »