« どちらでも好いことの気づき | Main | 都蝶々さんのお母さん »

June 21, 2008

海亀の赤ちゃんの群れ

海亀の赤ちゃんは生まれたら、自力でパタパタと歩いて海を目指す。そのパタパタと歩く姿は、とてもかわいい。

だが、自然界は過酷で、途中、力尽きるものも、鳥に狙われるものもある。一斉に、海を目指す姿を想像すると、多くが海まで辿り着いて欲しいと願う。

海へ辿り着いた時の光景は、母親の顔が見えた時の赤ちゃんの顔のように素晴らしい。

そして、辿り着いた海亀の赤ちゃん達は、途中で倒れた海亀の赤ちゃん達の代表として生きて行く。

私も、誰かの人達の代表として生きているのではないかとも想う。

|

« どちらでも好いことの気づき | Main | 都蝶々さんのお母さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どちらでも好いことの気づき | Main | 都蝶々さんのお母さん »