« 身体と心が邪魔になる境地 | Main | 「完敗で、幸せ」の境地 »

June 30, 2008

薬師寺を詠む

昨日初めて、NHK短歌のテキストを買った。昨日朝、ちらっとTVで聴いた薬師寺の短歌に心惹かれた。メモ出来なくて、もう一度、その短歌を聴きたかったので、テキストを求めた。選者が選んだ優秀作ではなかったが、心揺さぶられた短歌があった。

「塔の影、日時計のごと巡る庭、八月六日蝉の声満つ」

「何の為、生まれいでたるかわからずに、ただ仏前に手を合わすのみ」

「我が病躯、薬師如来の掌にのりて、大和の空にぽっかり浮ぶ」

これらの歌に触れ、雨の日曜日の朝、心は輝いて明けた。


|

« 身体と心が邪魔になる境地 | Main | 「完敗で、幸せ」の境地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 身体と心が邪魔になる境地 | Main | 「完敗で、幸せ」の境地 »