« 海亀の赤ちゃんの群れ | Main | 秋葉原、蟹工船、罪と罰 »

June 22, 2008

都蝶々さんのお母さん

都蝶々さんの義理のお母さんは、父親の駆け落ち相手の芸者さんだったと云う。

都蝶々さんは、子供の頃から、旅芸人の一座に付いて旅して成長したとのこと。

その義理のお母さんは、厳しく都蝶々さんに芸を教えたと云う。傍で見てると、継母だからいじめているようにも見られたと云う。

でも、蝶々さんは、義理のお母さんの事をちっとも恨んでない。

お母さんは、泣きながら、バチで叩いて、蝶々さんを鍛えてくれたと云う。

子供は愛情を見抜く。感動のシーンだったことがわかる。

|

« 海亀の赤ちゃんの群れ | Main | 秋葉原、蟹工船、罪と罰 »

Comments

心を鬼にして、という言葉通りの、相手を思っての指導だったのですね。ジン、ときます。

Posted by: のほほん | June 22, 2008 at 10:29 AM

のほほんさん、22日のコメント有難うございます。(21日~24日まで、東北へ旅行に出て、その間、ブログの記事は、日時指定自動アップで載せていました。)

心を鬼にして、私の母も、ちょっと厳しいところがあり、母を想い出しました。蝶々さんの義理のお母さんの気持ちがわかります。

Posted by: life-artist | June 24, 2008 at 10:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 海亀の赤ちゃんの群れ | Main | 秋葉原、蟹工船、罪と罰 »