« どちらでも好い境地 | Main | 旅の話の盛り上がり »

June 01, 2008

偶然の背後の世界

最近、日比谷線の中で、アメリカ在住で出張来日中の、もとの会社の後輩と偶然出会った。3年ほど前にも、同じように、やはり地下鉄の中で、同じ後輩(米国から出張来日中)と同じように偶然会っていたので、とても驚いた。出張中と云う確率の中、地下鉄に乗る時間帯の確率、そして同じ車両や駅に居合せる確率に、気の遠くなる偶然に驚いた。

また、最近、東横線の電車の中で朝、偶然車内で見かけた知らないおばさん二人と、夕方山手線の中で再び、同じおばさん二人と偶然会う珍現象にも驚いた。

人間社会の色んな縁は、その人にとって好い縁も悪い縁も、大きな宇宙において何らかに作用し合っている力があるのではないかと思った。それは、何世代にもわたって続く、何かのエネルギーが、なせる技なのではないかと思った。

人間にとって、毎日起こる偶然の背後にあるものは、知る由も無いが、何が深い縁があるのではないだろうかと思う。

|

« どちらでも好い境地 | Main | 旅の話の盛り上がり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« どちらでも好い境地 | Main | 旅の話の盛り上がり »