« 肥大化したお金、紙切れ社会 | Main | どちらでも好い境地 »

May 30, 2008

中国でホームレス男性が寄付の報道

中国の重慶で、ホームレスの男性が、肉体労働・ごみ拾い・物乞いで貯めたお金180元(約2680円)を、四川大地震の被災者へ街頭募金で寄付したと云う。5月26日、YahooNewsで知った。「苦しいことがあれば、四方八方から応援するものだ」ともメモに書いてあったと云う。

日頃、坐禅の住職が云う修行の極致、「自己救済の前に、他者救済を優先する行為」とは、このことかと、胸が熱くなった。

コピーを妹や知人にも送った。

Yahoo Newsのインターネットの書き込みには、感動の嵐と、心無いコメントも少々続いていた。

全てが、人生を現しているようだった。

空き缶や雑誌を山ほど抱えている姿を見慣れたホームレスの人が、自分より、優先する価値に目覚めていることを想像するだけで、私は衝撃的な驚きと幸せに包まれた。

|

« 肥大化したお金、紙切れ社会 | Main | どちらでも好い境地 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 肥大化したお金、紙切れ社会 | Main | どちらでも好い境地 »