« 十牛図の感動 | Main | 反セレブ嗜好 »

May 14, 2008

人間としての勘違い

幸せなのか、不幸なのか、はそれぞれの人が、勘違いしているようなものかも知れない。幸せとか不幸とか、人間が感じるのはそれぞれの人の勘違いで、自然や、物事は、中立的な現象だと思う。

物事を不幸に感じるのも、勘違いかも知れない。幸せに感じるのも同じ。ただ、自然現象があるのみ。

金子みすずさんの大漁の歌を想い出す。大漁で、浜が、漁村が、幸せに湧き返る時、魚は、仲間の大量の惨事に、弔いに静まり返る。

人は「人間としての勘違い」の中で、また「自分としての勘違い」の中で生きている。そして、その勘違いの中でしか生きて行けないように造られていると思う。それもまた好しかとも思う。

|

« 十牛図の感動 | Main | 反セレブ嗜好 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 十牛図の感動 | Main | 反セレブ嗜好 »