« 日吉の連合艦隊指令部地下壕 | Main | 果物の自己犠牲 »

May 05, 2008

ジャズのアドリブのように

人生もジャズのアドリブの演奏のように、自然に出たとこ勝負で、調和したメロデイーを奏でられたら最高だと思う。

自然に、自然に、メロデイーが躍動するままに。

今まで起きた、色々な幸せなことも不幸なことも、自然なメロデイーだったのかも知れない。

そう思うと、気持ちがスーと楽になる。

これからも、素晴らしいアドリブを奏でたい。自然に身を任せて。


|

« 日吉の連合艦隊指令部地下壕 | Main | 果物の自己犠牲 »

Comments

私は、高校の卒業文集の一言として、

「ジャズのアドリブのように耀いていきたい」

と書いたのを思い出しました。

Posted by: のほほん | May 05, 2008 at 08:29 AM

のほほんさん、高校の文集に、そんな文を書かれるとは、本格的なジャズマンですね。

高校生の、のほほんさんが感じたことを、今私が感じたことは、自分を若く感じて、嬉しく思いました。

Posted by: life-artist | May 06, 2008 at 07:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 日吉の連合艦隊指令部地下壕 | Main | 果物の自己犠牲 »