« 自分を離れる距離 | Main | 母の日の情景 »

May 11, 2008

1478年、長尾影春の乱、小机城

横浜Fマリノスの日産スタジアムのある横浜線の小机駅。1478年上杉家の内紛で、長尾影春の勢力は小机城を拠点に戦った。これを攻め滅ぼしたのが、内紛の鎮圧側についた大田道灌。

小机城跡は、うっそうと竹林の生い茂る丘の上にあった。中世の山城らしい、丘の上の勇壮な館跡であった。城跡を縦断する、第三京浜道路が、昔の道路行政の文化的配慮の無さに唖然としたが、今でも、城跡が残っていただけでも有難くも思った。

先日訪ねた横浜線・大口駅近くの丘の上の住宅街には、武田信玄に滅ぼされた信濃の諏訪家の寺尾城跡もあった。

昨日の午前中は神奈川いまむかしの会のご案内で、初めて小机城跡を訪ねた。私の住んでる白楽からさほど離れていない場所が、越後の上杉家の居城だったことにも、また大きな驚きを感じた。

小雨降る、新緑の中を、中世の戦国時代の城跡を散策するのは、穏かな感動でもあった。

|

« 自分を離れる距離 | Main | 母の日の情景 »

Comments

えーっ!

あの辺りに、そのような城跡があったんですか。

以前、その丘の上の住宅街にある顧客を担当しており、上京のたびに訪問していました。
まったく知りませんでした。

Posted by: のほほん | May 12, 2008 at 08:59 PM

あらー、のほほんさん、そうでしたか。今度、見える時は、史跡を見付けて下さい。

そう云えば日本の国土至る所に、知らなかった驚きの史実だらけかも知れませんね。

Posted by: life-artist | May 12, 2008 at 09:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 自分を離れる距離 | Main | 母の日の情景 »