« 桜島を見て思うこと | Main | つかまず、持たず、腰かけず »

April 04, 2008

2年前?、20年前?

2年前、桜の頃、ノルウェーの友人の娘さんが来日、桜の小田原城を妹の家族と共に案内した。私は、彼女らが天守閣に上っている間に、広場に残り、こっそりサムライの鎧をつけて、彼女達を驚かせて、大笑い。

もう10年、いやそれ以上前にも感じるが、たった2年前のこと。

驚きは人生を豊かにする。驚きのもとは、旅と人との出会い。

1年はアッと云う間に過ぎるなどとは、もう今は思わない。人生がアッと云う間に過ぎるのは、驚きの不足。

沢山の小さな心地好い驚きが、重なって、2年は20年にも感じられる。

|

« 桜島を見て思うこと | Main | つかまず、持たず、腰かけず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 桜島を見て思うこと | Main | つかまず、持たず、腰かけず »