« 政治レベル低過ぎる驚き | Main | 人生のルネッサンス »

April 10, 2008

評価の切り口、人生の価値観

人生の評価の切り口は、それぞれの人の個性のように、本来、沢山の組み合わせで成り立っているのだろう。

忙しく、日々流されるように生きてる人は、その評価の切り口が、世間の最大公約数的な基準になってしまうのではないかと思う。つまり、収入・地位・人間関係・贅沢・趣味・スポーツなど等。

そのような世間の最大公約数的な価値観は、複雑な人間にとっては、機械的に、余りにも単純過ぎる価値観で、私は、そのような価値観では、幸せをもたらすとは思えない。

その人にしかわからない、価値観とその優先順位があってこそ、個としての人生を、充実させていることではないかと思う。

時に、収入・地位・人間関係等を犠牲にしてまでも、その人が行動する時に、私は、その人の価値観に興味と、その人の人生に興味を覚える。

|

« 政治レベル低過ぎる驚き | Main | 人生のルネッサンス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 政治レベル低過ぎる驚き | Main | 人生のルネッサンス »