« 神の、神との出会い? | Main | 海の化身? »

April 22, 2008

人間は一つの天体?

直径が0.1ミリと云う人間の細胞一つ一つの中の遺伝子には、約60億の遺伝言語の精密な設計図が記述・描かれていると云う。60億語とは、辞典の広辞苑の約3万冊分。

これは、極小の中に、極大の宇宙の存在を感じさせる。

人間の60兆もの細胞も、世界の人口65億よりはるかに多い。人間は一人一人が、世界の人口の1万倍の数の細胞を持っている。細胞は一つ一つは一個の生物で、更に、その中に、広辞苑3万冊分の情報を持っている。

人間は、既に一つの天体の観。極小の世界に、極大が存在、並存している。

人間が何か壮大な宇宙にも見え、私の人生観へ大いなる示唆を与えてくれる。

|

« 神の、神との出会い? | Main | 海の化身? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 神の、神との出会い? | Main | 海の化身? »