« メルヘンの光景 | Main | 排水溝のふたの事件 »

March 24, 2008

今の輝き

リンゴの切り口が直ぐに酸化して行くように、哀しみも苦しみも幸せも、何もかもが、時と共に色あせて行く。

だからこそ、今が輝く。人生は、今を頂点として、展開している。

今は、どんな状態であっても、壮大な舞台の輝きなのだ。

|

« メルヘンの光景 | Main | 排水溝のふたの事件 »

Comments

なるほど!

時という刃物が今をスライスしている!

Posted by: のほほん | March 24, 2008 at 10:08 PM

のほほんさん、時と云う刃が今をスライスしている。含蓄のある哲学表現ですね。

Posted by: life-artist | March 25, 2008 at 06:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« メルヘンの光景 | Main | 排水溝のふたの事件 »