« 仙台から東京への通常出勤 | Main | 日中共同映画「純愛」 »

March 18, 2008

明るい人、暗い人

よく、成功していると思われる人達の講演で、「明るい人でないと、周りに人は寄り付いて来ない」と云われることが多い。

私は、いつも明るい人は、薄っぺらに見えてしまう。どこか、無理されているようで、行き詰まるのではと、息苦しく思ってしまう。でも、その明るく見える人が、陰で泣いている姿を知ると、その人に深さを感じて、好きになる。

明るさに拘ることで、大本営発表のように、無理されて生きているようで、滑稽に感じてしまう。

人生は、単純ではなく、圧倒的な大自然に対峙するかの如く、人生に感じる明るさも暗さも、大自然の大きな営みの一部として、堂々と味わえば好いと思う。

明るい人も暗い人も、その人が時折見せる心の情景なのだから、自然に、そのままでこそ、深い味わいであり、魅力ではないかと思う。

|

« 仙台から東京への通常出勤 | Main | 日中共同映画「純愛」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 仙台から東京への通常出勤 | Main | 日中共同映画「純愛」 »