« 遺伝子の再会の旅 | Main | 今の輝き »

March 23, 2008

メルヘンの光景

人生では、もう一度だけとか、あの日に帰りたいと云う想い出がある。

それは、もう人生の素晴らしい瞬間であって、実際は、二度と無くても、その人にとっては、十分に幸せなことだと思う。

草原の中で、ちらっとプレーリードッグを見つけた時のように、また雪山の斜面で、白い可愛らしいオゴジョ(イタチの一種)をちらっと見つけた時のように、もうそれだけで、一生残る想い出になる。

ちらっと見た、メルヘンの光景は、それが存在したと云うことだけで、もう充分ではないかと思う。

|

« 遺伝子の再会の旅 | Main | 今の輝き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 遺伝子の再会の旅 | Main | 今の輝き »