« 心と魂の違い | Main | 大本営発表のような生き方 »

February 01, 2008

巨大な、確率との遭遇

昨日、会社帰りに、もとの会社の同期入社の友人と愛宕の交差点で18:10くらいに、偶然会った。共に新橋方面で一杯飲む約束があり、新橋駅近くまで一緒に歩いて、じゃーまたと別れた。(私は愛宕で勤務。彼は神谷町で勤務。お互いに徒歩圏内であるが、都心で偶然に会う確率は、かなり低い)

一杯飲み終わり帰途につく為、21:40くらい、JR新橋駅から、東海道線の前よりの車両に乗った。

吊り革つかまって、発車を待っていると、隣に、その数時間前に偶然会った友人が、また偶然に乗り込んで来た。お互いに、絶句するほどの驚きだった。同じ駅、同じ時間に、こともあろうに、また同じ車両の、同じ入り口から、私の隣に乗り込んで来た。

余りにも、不思議な遭遇に、お互いに、お前とそんなに縁があったってしょうがないなーと云って暫く、大笑いしながら、その偶然の確率の神秘に、衝撃を受けた。

この確率は、計算するとどうなるのだろう?天文学的数字? ただ、何かキツネにつままれたような、何次元もの世界が存在するような、また頭をかきむしりたいような、未知の世界の存在を感じた。

|

« 心と魂の違い | Main | 大本営発表のような生き方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 心と魂の違い | Main | 大本営発表のような生き方 »