« 規制緩和・民営化のかげり | Main | バランスの芸術 »

February 14, 2008

俳句の絵画

先日NHK俳壇の特集でメモした。

「降るように、触れくるように、虫の声」、「秋の山、四五人の声、一列に」

「校塔の、律義な時計、夏休み」、「産声の、光となりて、白障子」

「苗売りの、明るき声も、買いにけり」

私は、これらの句から、私が描く風景が、それぞれに細かく浮かんでくる。見回して見ると、風も輝いている。

|

« 規制緩和・民営化のかげり | Main | バランスの芸術 »

Comments

短い詩句から、脳裏に映像が浮かぶ。

素敵な作用ですね。

Posted by: のほほん | February 14, 2008 at 12:35 PM

のほほんさん、俳句も一言文学って感じですね。

Posted by: life-artist | February 14, 2008 at 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 規制緩和・民営化のかげり | Main | バランスの芸術 »