« 幸せ総生産、ネパール | Main | 俳句の絵画 »

February 13, 2008

規制緩和・民営化のかげり

市場は自ら均衡に向かう性質があり、市場参加者達がそれぞれに自己利益を追求することで、共通利益が最善の状態で得られると云う市場原理主義は、幻想であったことに世界は気づきつつある。

自由主義・市場主義を標榜・実践して来た米国が、自らのシステムの中から、サブプライムローンと云う劣悪な不良債権問題も引き起こし、世界を混乱に落としいれようとしている。

過去、金融危機を回避して来たのは、金融当局の介入であった。市場主義だけでは、金融工学を駆使した、金の亡者達から国民を身を守ることは困難でもある。

民営化でも、官営でもない、そんな機械的な制度の問題ではない。結局は、行動する人間の品格や徳の高さに依存しているのだと思う。

官への不満が充満して、民営化を解決の旗印にしたことが、余りにも単純な世論だったことに気づくこのごろ。

|

« 幸せ総生産、ネパール | Main | 俳句の絵画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 幸せ総生産、ネパール | Main | 俳句の絵画 »