« 文学者に囲まれて | Main | 既に、千の風になったとしたら »

February 24, 2008

原作・神、脚本・神、演出・神

「原作は神、脚本も神、演出も神」の作品が、人生ではないのか。

それぞれの人の人生では、それぞれに主役が別で、主役は自分。メインキャスターは、父、母、家族など。

実際の人生では、気になってしょうがない成功者のように思える人達も、単なるエキストラみたいなもの。時の総理大臣だって、自分の人生では、通行人のような脇役。

エキストラに惑わされず、メインキャスターや、自分の役者振りを、原作者になったつもりで、考えてみたい。

そして、燻し銀のような円熟した演技をやってみたい。

|

« 文学者に囲まれて | Main | 既に、千の風になったとしたら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 文学者に囲まれて | Main | 既に、千の風になったとしたら »