« 人生の坂道 | Main | 本具仏性(ほんぐぶっしょう) »

January 13, 2008

一元論、二元論

一元論は、二元論を包容する偉大さがある。二元論は、慰める働きがある。

見間違っていたことを知るのが悟り。人は悟ろうとして迷うと云う。迷いを悟る。神のパズルが解けた時、「単純にして美しい」真理が現われると云う。

昨日の菩薩の会で、ヴィーベカナンダ著のヴェーダンダ哲学のことを聴き、メモした。

マザーテレサは、キリスト教の布教の為にインドにきたのではなく、ヴィーベカナンダに触発されて、インドへ行ったのだと云う。マザーテレサは、悲惨に死に逝く人にこそ神を見出していた。絶句する思い。

|

« 人生の坂道 | Main | 本具仏性(ほんぐぶっしょう) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生の坂道 | Main | 本具仏性(ほんぐぶっしょう) »