« 小鳥界の騒音おばさんっているだろうか? | Main | 人生の坂道 »

January 11, 2008

毎日が完結した日々

毎日が完結していると考えてみると、ちょっと潔い気持ちを味わえる。泣いても、笑っても、1日の終わりは、もうそれで完結。一つの終わり、その日の死の到来。

今日あったこと、すべてが、いくら、なごり惜しかったりしても、哀しかったりしても、済んだことは、もう永遠に返らない完結。それで、好し。

そして、毎日、人間の60兆の細胞は、沢山の死を迎え、また沢山の誕生を迎えている。

人生が、明日へ続いて行くと考えると、緊張感が鈍くなる。その日その日で完結させる気持ちで毎日を送ると、人生の充実度が増す感じだ。

毎日、気持ちをリセットして、別人になって生きてみる感覚は、ちょっと人生を楽しむ境地。

|

« 小鳥界の騒音おばさんっているだろうか? | Main | 人生の坂道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 小鳥界の騒音おばさんっているだろうか? | Main | 人生の坂道 »