« トンチンカン | Main | 呼吸の哲学 »

January 21, 2008

論理的とはロボット的、ちゃちな発想?

人間の心の動きは、余りにも複雑系で、時に非論理的に見える。しかし、その複雑系のシステム内では、法則にのっとっているのだろう。

人間が、物事を論理的と呼ぶ時は、極めて単純思考をしている時で、ロボット的発想をしている時だろう。

人間の心も、社会も経済も市場も、人は、その複雑系を読みきれず、あるいわ能力を超えていて、非論理的とかたずけてしまうのだろう。

人間が自分自身でも解明にほど遠い、人間の持つその宇宙性・神秘性に、むしろ、心がスカッとするくらい畏敬を感じる。


|

« トンチンカン | Main | 呼吸の哲学 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« トンチンカン | Main | 呼吸の哲学 »