« 車窓の雪景色、人生、そして2008年 | Main | 衝撃力と浮力 »

January 03, 2008

大牟田の街のイメージ

年末に、故郷・大牟田の街を歩いていた時に気付いた、如何にも大牟田らしい響きの店や看板のサイン。「白亀会館」、書店の「金善堂」、玩具の「沖牟田」、「だるまわた」、「草木饅頭」、貝の「たいらぎ」、祭りの「大蛇山」、「三池炭鉱」。

「だるまわた」の看板はもう見かけないが、懐かしい。子供の頃、私は、さかさまに読んで、「たわまるだ」と云っていた。

文房具店もやっていた父の自転車の後の席の、三菱鉛筆の文具箱に入れられて、大牟田の街に行っていた頃。 大きかった大牟田の街は、今では、人生の小さな散歩コースのようだ。

|

« 車窓の雪景色、人生、そして2008年 | Main | 衝撃力と浮力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 車窓の雪景色、人生、そして2008年 | Main | 衝撃力と浮力 »