« 毎日が完結した日々 | Main | 一元論、二元論 »

January 12, 2008

人生の坂道

子供の頃見た急な坂道が、大人になって見ると、さほど急ではないように見える。人生の中で起こる出来事もそんな風に見えているかも知れない。自分の目線が変化している。凄い嬉しいこと、悲しいこと、など、その激しさが、ちょっと緩やかになっていることを感じる。

また、自転車と坂道を想定すると、年を重ねることは、下り坂でのブレーキが発達すること、登り坂では、登り坂用ギアを充実させているのではないかと思う。

若い頃の坂道は、かなり危険だったが、年をとることで、ブレーキと変速ギアを効かせて、より安全な旅ができるようになって行く。

ブレーキも、変速ギアも無く、人生の坂道を走る人を見ると、「あぶないっ!」と思ってしまう。

|

« 毎日が完結した日々 | Main | 一元論、二元論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 毎日が完結した日々 | Main | 一元論、二元論 »