« 一元論、二元論 | Main | 天地同根・万物一体 »

January 14, 2008

本具仏性(ほんぐぶっしょう)

「あなたは何処から来たのか?」「あなたは誰か?」

この問いかけに、修行すると、「汝はそれなり」と気づくのだと云う。

「自他一如」の世界が、荘厳に広がる。

|

« 一元論、二元論 | Main | 天地同根・万物一体 »

Comments

諸法実相にも通じる意味合いでしょうか。いや、意味を知るのではなく、実感しなければならないのですよね。

Posted by: のほほん | January 14, 2008 at 09:11 AM

のほほんさん、対象を無しで知る世界を、「無分別知」と云うそうです。確かに感じると云った方が分かりやすいようです。

汝はそれなりのそれは、宇宙そのものに通じる「虚空」のようなもののようです。

私は、この3年~4年、インド哲学に敬服し、この休日も12日、14日と、坐禅の住職の話しに聴き入りました。

Posted by: life-artist | January 14, 2008 at 08:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一元論、二元論 | Main | 天地同根・万物一体 »