« 絵画の道、赤ちゃんの元素 | Main | ちょっとした環境変化の刺激 »

December 25, 2007

やまとの心、本居宣長の句・英訳

先日、高知から上京した友人に連れられて、初めて靖国神社の資料館に入ってみた。そこで、出合った小さな驚きは、大和の心を詠った本居宣長の句が英訳されているのを見た時だった。

「敷島のやまと心を、ひと問わば、朝日に匂う山桜花」

If one asks about the Yamato Spirit , it is like the Cherry Blossoms that bloom in the Morning Sun.

小鳥の声を聞き、遠くの山々を見ながら、朝日を浴びた山の道で、桜がほのかに匂って来る情景。 そうだなー、やまとの心だなーと思いながら、句と英訳を味わった。


|

« 絵画の道、赤ちゃんの元素 | Main | ちょっとした環境変化の刺激 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 絵画の道、赤ちゃんの元素 | Main | ちょっとした環境変化の刺激 »