« 変わったお年玉のアイデア | Main | 大変化、猛スピードの変化の中の人生 »

December 28, 2007

焼き芋売りの声、神聖な響き?

外国人にとって、日本は公共の場での、色々な音が珍しいらしい。

イスラムの人は毎日5回、モスクから流れるコーランの一節を聴きながら育っているが、その声・メローデイーが、日本の「いーし♪焼きいーも♪」とそっくりだと感じると知って大笑いしてしまった。石焼き芋の声を聴くと、「きょうつけ。礼」と云った反応で、ピリツと緊張してしまうと云う。

政治の街頭宣伝車の声も、時にコーランの教えを説いているように、同じように勘違いすることもあると云う。これも傑作な勘違い。

欧米人も負けていない。街頭宣伝車を、焼き芋売りと思って、「焼き芋ください」と近づいたとか。因みに英会話学校で、焼き芋売りを「ポテト マン」と云っていたとか、これも傑作。

音って、信じられない響きを、外国人の耳に与えていることを知り、思い出し笑いを禁じ得ない。

|

« 変わったお年玉のアイデア | Main | 大変化、猛スピードの変化の中の人生 »

Comments

犬が、サイレンや拡声器の声に反応して「ウォーン・ウォーン」と、なんとも悲しげな遠吠えをするのを思い出しました。
彼らも、何かと勘違いしているのでしょうね。

今年も日々の驚きと発見を楽しませていただきました。
来年も、日々よい驚きの一年でありますよう祈念いたします。

Posted by: のほほん | December 29, 2007 at 01:02 PM

のほほんさん、犬も拡声器などに反応していますか?想像すると楽しいですね。

今年は、嬉野のジャズ・イベント成功おめでとうございました。

良いお年をお迎えください。

Posted by: life-artist | December 29, 2007 at 04:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 変わったお年玉のアイデア | Main | 大変化、猛スピードの変化の中の人生 »