« 30数年振りの大学の講義、今生の別れ? | Main | 60兆の組み合わせ芸術作品・人間 »

December 18, 2007

一人で美術館へ行くが如く

美術館は一人で見るのが一番と思う。自己の内面との集中した深い対話なしに、美術作品とは対峙出来ないから。

誰かと一緒にとか、グループで、美術館を訪れた時は、気が散って、あまりその芸術性に迫る感動は無いと思う。

人生の真の味わいも、美術館へ行くのと似ている。集団の騒音の中では、人生の味わいを感じる境地にはほど遠い。一人静かに、寧ろ一人の時の方が、真の人生の美を感じる事が出来ると私は思う。

一人ぼっちは、人生に、決して悪い事ではない。素敵な人生の、必要な舞台装置にもなると思う。

|

« 30数年振りの大学の講義、今生の別れ? | Main | 60兆の組み合わせ芸術作品・人間 »

Comments

お久しぶりです。美術作品は一人で感じるものと私も思います。

Posted by: 美鈴 | January 01, 2008 at 11:51 PM

美鈴さん、「美鈴の絵画館」覚えています。お元気でしたか。最近発見しましたが、美鈴さんのブログ新しくされているんですね。また、時折訪問してみます。充実した新年を祈念します。

Posted by: life-artist | January 02, 2008 at 07:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 30数年振りの大学の講義、今生の別れ? | Main | 60兆の組み合わせ芸術作品・人間 »