« 一人で美術館へ行くが如く | Main | アラブの犠牲祭休日・初めての日光 »

December 19, 2007

60兆の組み合わせ芸術作品・人間

人間が60兆の細胞なら、その60兆が故に、余りにもとてつもない組み合わせがあり、人間が物理的にも、精神的にも、同じなんてありえない事を悟る。

だが、60兆もあるんだから、おびただしい数の、同じ部分もあるだろう。それが、人間が、共感したり、疎外感を味わったりする源ではないだろうか?

60億の人口の数だけ、その60兆の細胞個体の人間の世界観が展開している。壮大な宇宙の展開ではないか。60兆の細胞個体には、独特の文明が生まれ、文明が融合したり、文明の衝突を起こす。

60兆の細胞の様々な組み合わせが、大自然の造形を生み出して行く。それが、周りに調和して見える瞬間に人は、美を感じるのだろうと思う。

|

« 一人で美術館へ行くが如く | Main | アラブの犠牲祭休日・初めての日光 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一人で美術館へ行くが如く | Main | アラブの犠牲祭休日・初めての日光 »