« 年末の切符予約 | Main | 人生テレビのチャンネル »

November 30, 2007

細胞の死

人間の細胞は約60兆個。毎秒、おびただしい数が死に行く。そしておびただしい数が誕生する。その繰り返しが人生。その新陳代謝の割合(細胞の死と誕生の割合)の変化がひとつの個体としての人体の死。

人間も部分においては、すでに、死んでいる存在ともいえる。

一度死んでしまって、心残りで、想い出したように生へ返ってきたかのように思えば、毎日毎日が、忘れ物を片付けるように、心地好く忙しくなる。

|

« 年末の切符予約 | Main | 人生テレビのチャンネル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 年末の切符予約 | Main | 人生テレビのチャンネル »