« 紀元前5000年、イラクの情景 | Main | 不幸は不幸で流す »

November 23, 2007

何一つ所有していない存在

自然は、何かを所有している訳ではない。自然は、ただそれぞれに存在しているのみ。

人は、何かを所有していると勘違いし、また所有しようと、あくせくしている。子供の単純なわがままにも見える。

今、私が持っているものは、今たまたま私のそばにあるだけ。私のそばを通りかかっただけ。

元々、何一つ所有していない存在に気付くことは、大いなる安らぎでもある。そこに、私は、精神性の高さを感じる。


|

« 紀元前5000年、イラクの情景 | Main | 不幸は不幸で流す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 紀元前5000年、イラクの情景 | Main | 不幸は不幸で流す »