« 産油国石油会社社長来日 | Main | 年末の切符予約 »

November 28, 2007

あっと云う間の1年でなく

あっと云う間の1年だったと嘆く人が多い。それが嫌で、私は、5年前に会社を辞めた。

あっと云う間に、1年が終わるのは、驚きが無くなる為。子供時代にはピカピカだった受信機もさび付いて、驚きを無くし、人生もあっと云う間に終わるかもしれない。

会社を辞めて、旅を知り、サラリーマン以外の人達の人生を知った。そして、もう一つの人生が始まった。

今年は、母の住んだ旧満洲のハルピンへの旅が、私に何十年分にも匹敵する沢山の想い出をくれた。

先週の日曜美術館で紹介されたムンクの人生観が、私は好きだ。ムンクの「叫び」や、ムンク晩年の眩しい「太陽」の絵が、今はとても愛しい。

|

« 産油国石油会社社長来日 | Main | 年末の切符予約 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 産油国石油会社社長来日 | Main | 年末の切符予約 »