« 人生の節目、門出 | Main | 聞こえない音の世界の存在 »

October 11, 2007

哲学カフェ、銀行レセプション

一昨日夜は、新宿の喫茶店での哲学カフェ なる議論に初めて加わって試た。唯識論の延長の思考を楽しんだ。喫茶店「らんぶる」は、昭和30年代を思い出させる店で、ちょっと久しぶりに書生気分を味わった。

昨日の夜は、SMBC銀行の外国顧客のReceptionが、六本木の泉ガーデンタワー42階の住友会館であり、出席した。ブラジルやイタリアの人とも知り合いになれ、夜景を見ながら、世間話が楽しかった。

会社帰りに、ちょっと変わった体験をすることで随分好い気分転換になる。帰宅する頃は、その日の仕事が、もう随分昔のように感じられる。小さな驚きとの遭遇をすることによって、人生は、決してあっと云う間には過ぎていかないものだと思う。

|

« 人生の節目、門出 | Main | 聞こえない音の世界の存在 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 人生の節目、門出 | Main | 聞こえない音の世界の存在 »