« 何億年前の光 | Main | インド人ドライバーの退職 »

September 05, 2007

ほのぼの、ボンヤリ会話

「溺れる者は、ワラ・・・わらわは、姫じゃ」

しゃべっている間に、気が散って、違うことをしゃべってしまうことが、集中力を欠いた会話の中ではありうる。想い出す度に笑ってしまう。

子供が、お父さんの話す物語を聴きながら寝るとき、よく、お父さんが、意識朦朧と寝始める。子供は、理屈の通らない話しに頭を傾げ、「ネー、それからどうなったのー」 と寝始めたお父さんの身体を揺する。

何だか、ほのぼのとする光景が浮んでくる。 私も寝床で父の身体を揺すったことがある。

|

« 何億年前の光 | Main | インド人ドライバーの退職 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 何億年前の光 | Main | インド人ドライバーの退職 »