« 「懐かしい優しさ」 | Main | 何億年前の光 »

September 03, 2007

西行と芭蕉

武士出身の西行は、始承4年(1180年)、63才の時、伊勢二見が浦に草庵を結び、心澄むような質素な生活をしたと云う。くぼみのある石を硯にした西行を、芭蕉は敬慕したと云う。

奥の細道の旅のあと、二見が浦を訪れた芭蕉は、「硯かと拾うや くぼき石の露」と詠ったと云う。

昨日の日経の朝刊の文芸欄に牧内さんと云う編集委員が、この句を紹介しておられた。

私は、歴史を超えて、この二人の競演に、心しびれる感動を覚えた。

|

« 「懐かしい優しさ」 | Main | 何億年前の光 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「懐かしい優しさ」 | Main | 何億年前の光 »