« 「病気とは、母との再会」 | Main | 人格の完成 »

August 30, 2007

成す術もない人生の場面

人生には、成す術もなく、ただ呆然と見守るしかないことも在る。

群れを逸れた草食動物の末路を見るかのように、哀しくても、手も足も出ない場面が人生にはある。

ホームレスの人を見た時、病気の人を見た時。

子供が、愛する両親の深刻な夫婦喧嘩を見た時など。

どこか、遠くの世界に飛び出したいような、記憶を喪失したいような哀しみ、其れは、群れを逸れた草食動物の仲間を、ただ呆然と見守る、草食動物の光景に似ている。

それでも、自然の、宇宙の営みの一部。

|

« 「病気とは、母との再会」 | Main | 人格の完成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「病気とは、母との再会」 | Main | 人格の完成 »