« 手で捕れる蝉達、また3匹 | Main | 成す術もない人生の場面 »

August 29, 2007

「病気とは、母との再会」

先日の坐禅合宿の道場の住職は、最近MRI検査で、異常が発見されたことを告白された。その病気についての住職の考え方に、禅の精神そのものを見るような思いだった。

病気のことは、自分が再び母のもとへ帰るようなものと、全てを母に任せられた境地を披露された。

病気は即ち優しい母との再会。病気に慌てるどころか、全てを「大いなる親元」のゆりかごにいるような境地を披露された。

寧ろ、聴いた私が、とても哀しくなり、日々の住職の教えが、愛しくなった。こうして私も修行して行く自分を見る。

|

« 手で捕れる蝉達、また3匹 | Main | 成す術もない人生の場面 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 手で捕れる蝉達、また3匹 | Main | 成す術もない人生の場面 »