« 酔芙蓉の農道、クマ蝉の墓 | Main | 何億円の光景? »

August 21, 2007

人工的なものへの憧れ

人工的なものへの憧れ、それが若さのようなものかも知れない。未熟さ、傲慢さとも云える。

自然と闘うような構築物、考えかた、システムなど、それは、人間万能主義、科学万能主義だと、危なっかしく単純に見えてしまう。

いずれは、自然の営みに還って行く物・事象に、長い年月で見れば、どうあがいても、一時的なものだと思う。

作ったら、どう自然に戻すかを、考えながら創らなくては、社会の平穏も心の平穏も無い。

人工的なものへの憧れから、自然への憧れに変わって行くのを、円熟して行くことと云うのではなかろうか。

|

« 酔芙蓉の農道、クマ蝉の墓 | Main | 何億円の光景? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 酔芙蓉の農道、クマ蝉の墓 | Main | 何億円の光景? »