« 天然塩と精製塩の差 | Main | 子供達の話の魅力 »

August 07, 2007

懐かしい言葉、"汽車賃"

"汽車賃"とか、言葉自体がレトロで、また年寄りっぽい言葉だが、何か可笑しく、また懐かしい。父が使っていた言葉。

荷物を送る時に、"チッキ"とかも言っていた。今だに語源が分からない。チッキで"駅留め"でとか、糸みたいな針金のついた荷札をつけて鉄道で送った。あの荷札は、どこへいったのだろう。

大学に上京する時は、そんな送りかたで、九州・大牟田駅から国鉄・菊名駅まで、荷物を送った。

"汽車賃"はいくらですか? とか、誰かに聞かれたいくらい懐かしい言葉の響き。年寄りの可愛らしい言葉のひとつ。

|

« 天然塩と精製塩の差 | Main | 子供達の話の魅力 »

Comments

life-artistさん おはようございます。

"汽車賃"って、本当に懐かしい言葉です♪
"チッキ"は記憶にありません。

Posted by: リリー姫 | August 07, 2007 at 06:46 AM

リリー姫さんも、汽車賃は懐かしいですか。硬い切符に駅員の人がハサミをパッチンといれてましたね。汽車賃と云うだけで、遠い世界がよみがえります。

Posted by: life-artist | August 07, 2007 at 10:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 天然塩と精製塩の差 | Main | 子供達の話の魅力 »