« セミ取り成果、ガナガナ3、ワシワシ1 | Main | "ラマダン"定期検査説 »

August 14, 2007

水木しげるさん、城山三郎さんの世界

九州から横浜へ帰ってきた8月12日の夜、偶然つけたTVで、水木しげるさんの戦争体験の番組にくぎづけになった。玉砕の意味する非人間的な組織の暴挙に強い憤りを感じた。

城山三郎さんの番組では、彼の戦争体験を経た、反組織論には沢山うなずいた。「旗振るな、旗振らすな」に彼の人生観が集約されている。戦争体験がもたらした、病的なまでの、組織への警告は、その熱意に打たれる。

このところ、「はだしのゲン」を始め、時節がらか、戦争からみのTVを連続して見た。改めて、戦争回避の努力の大切さを再認識した。戦争から60年を経て、再び、戦争へ繋がる危険水域に突入して行くことのないように、しなければならないと、つくづく思った。

|

« セミ取り成果、ガナガナ3、ワシワシ1 | Main | "ラマダン"定期検査説 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« セミ取り成果、ガナガナ3、ワシワシ1 | Main | "ラマダン"定期検査説 »