« バイリンガル、奥州藤原氏 | Main | 平目のムニエル »

June 22, 2007

リッチの形容詞、リッチの落し穴

昨日会食したアルメニア人の知人はスイスのルガーノに住んでいたことがあり、スイスの体験を興味深く聴いた。そのなかで、スイスに住む外国の金持ちの一部をFilthy Rich(醜悪なリッチ)と呼んだ。雑誌でObscenely Rich(猥褻なくらいのリッチ)と云うのも見たことがある。

仕事をして、それが社会に人に役立って、初めて報酬を貰って稼いで行くのは素晴らしいこと。人を裏切るコスト削減や違法なことをして大金持ちになっていく人や会社は、醜悪で猥褻と云うのは行動・発言を聴けば納得。マスコミで連日、謝罪する社長が多いこと。社長は、醜悪で猥褻の代名詞になっていく。松下幸之助さん、本田宗一郎さんとか創業期の社長は、人に役立つと云う視点・軸がぶれない。

親の遺産でセレブをしてる幼児心理のセレブも醜悪で猥褻。お金は大切だが、人を醜悪・卑猥に見せる一番怖いもの。Filthy Rich とは、的を得た発言にピタっと通じるものを感じた。

|

« バイリンガル、奥州藤原氏 | Main | 平目のムニエル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« バイリンガル、奥州藤原氏 | Main | 平目のムニエル »