« 会津若松城の空気 | Main | 透明人間 »

May 22, 2007

会社の先輩の葬儀にて

昨日は、会社のもと上司74才のお通夜に参列した。会社時代は部長と平社員の関係だったが、辞められてから、この数年の付きあいが、とても嬉しかった。私が、坐禅に行った帰りに、藤沢へ立ちより、駅前の蕎麦屋さんで、軽く飲む会食を3~4ヶ月に1回続けた。会社時代に知らなかった人生観を聴かせて頂き、新鮮で、またありがたかった。

通夜では、25年くらい前の供給関係の方々が参列され、驚きの再会の連続だった。故人に仲人をして貰った後輩が夫婦で、娘さんを連れて参列していて、その娘さんとの再会にも、ビックリ。会社のアパートの同じ棟の上下の階に住んでいて、私の娘と遊んでいた娘さんが、立派な綺麗な娘さんに成人されていた。

是非、自分の娘にも知らせなきゃと思って、携帯していたカメラで写真も撮らせて貰った。それぞれに、人生の旅の途上の人々が、街道の茶店で語らうようなようなひと時であった。

|

« 会津若松城の空気 | Main | 透明人間 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 会津若松城の空気 | Main | 透明人間 »